院長あいさつ 診療内容 当院の特徴 治療の方針 初診の方へ 精神科デイケア 漢方薬
千葉市の心療内科・精神科  椿森クリニック  漢方薬と心療内科


漢方薬



はじめに

椿森クリニックに受診される患者様の中には、漢方薬をご希望される方もおられます。
当クリニックでは、漢方薬の処方が患者様の症状改善に役立つと考えられる場合、どのような漢方薬を処方するかについて、患者様とご相談させていただき、患者様の体質と病気を考えた上で最適な漢方薬を処方することを心がけています。

漢方薬は、一般に副作用が少ないと考えられていますが、複数の漢方薬を同時に服用する場合や西洋医学の薬と同時に服用する場合には、注意が必要です。
また、患者様の中には、市販の漢方薬を購入して服用される場合もあると思われます。

ただ、漢方薬を処方する際には、患者様の体力と病気の状態とを評価する必要があります。すなわち、患者様、病気、薬の相性を合わせることがとても重要になります。
これを「証」を合わせると言いますが、患者様の体質・体調が「実証」であるか、それとも「虚証」であるか等、東洋医学的に考慮しながら処方しないと効果が出ない場合や、むしろ逆効果になって体調を崩してしまうこともあります。

漢方薬のABC(証を合わせる)

@患者様、A病気、B薬の相性を合わせることを「証」を合わせるといいます。
証を合わせるものさしとしては、虚実の概念、気血水の概念等がありますが、ここではその中でも大きなポイントとなる虚実の概念と気血水の概念について説明したいと思います。

もともと虚弱体質の人や病気で体力が弱っている人を「虚証」と言います。
すなわち、「虚証」は本来の生命力(気)が弱まって体の機能が低下した状態(「虚弱な人が不健康になった状態)です。

一方、体力的に充実している人を「実証」と言います。すなわち、「実証」は体力のある人が有害物によって体の機能が阻害された状態(頑丈な人が不健康になった状態)です。

実証と虚証に対する漢方薬の治療原理を大まかに考えると、虚証の人は身体の中の「生命力(気)」が減ってしまっているので、それを足す(補法)ことにより治療を行います。
一方、実証の人は身体の中の「有害物(邪)」が多くなっているので、それを減らす(瀉法)ことにより治療を行います。

このように、漢方薬を処方する際には、虚証か実証かを判断して処方を選ぶことになります。


気・血・水と精神症状

漢方の考え方の中に、気・血・水の概念があります。
「気」は、生命の根源的エネルギーを指し、「血」は、健康を維持するために、全身に栄養を運び、老廃物を回収する液体(赤色で血液と考えてもよいかもしれません)を指し、「水」は、体全体を潤し、体内を循環して体温調節や関節の働きをなめらかにする液体(無色で水分と考えてよいかもしれません)を指します。
これらの気・血・水の各要素が多かったり不足したり、また流れ滞ったりした状態を病態と捉えます。

この中で、精神症状と特に関係が深いものは、「気」です。
「気」の異常には、気虚、気うつ、気逆の3種類があります。

「気虚」は、気の量に不足が生じた状態であり、生命の活力が低下していると考えられます。
その症状には、倦怠感、意欲の低下、食欲の低下、胃腸機能の低下などがあります。

「気うつ」は、順調に体内を巡っている気の循環が停滞してしまっている状態であり、停滞した部分によって症状がでてくると考えられます。
その症状には、悲観的な思考、不眠、胸部の圧迫感、喉のつかえ感などがあります。

「気逆」は、気の循環が失調(逆転)した状態であり、失調した部分によって症状がでてきます。
その症状には、めまい、動悸、発汗等の自律神経症状、不安焦燥感、神経過敏などがあります。

気うつ、気虚、気逆のそれぞれに応じた漢方の生薬や漢方薬があり、上記の実証・虚証の概念と合わせ、患者様の状態に応じて処方の際に検討材料になります。

当クリニックで用いることが多い漢方薬

葛根湯(かっこんとう)
加味帰脾湯(かみきひとう)
加味逍遥散(かみしょうようさん)
帰脾湯(きひとう)
桂枝湯(けいしとう) 
呉茱萸湯(ごしゅゆとう)
五苓散(ごれいさん)
柴胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)
柴胡桂枝乾姜湯(さいこけいしかんきょうとう)
酸棗仁湯(さんそうにんとう)
十全大補湯(じゅうぜんだいほとう)
真武湯(しんぶとう)
大建中湯(だいけんちゅうとう)
釣藤散(ちゅうとうさん)
当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)
半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)
補中益気湯(ほちゅうえっきとう)
麻黄附子細辛湯(まおうぶしさいしんとう)
抑肝散(よくかんさん)
抑肝散加陳皮半夏(よくかんさんかちんぴはんげ)
六君子湯(りっくんしとう)
苓桂朮甘湯(りょうけいじゅつかんとう)

各漢方薬の特徴については、当クリニックのPCホームページをご覧ください。


ページTOPへ

当院に電話する

当院のPCサイトへ

友達に教える

リンク集


トップページにもどる

椿森クリニック 漢方薬

Copyright(C)椿森クリニック all rights reserved.
WCL