院長あいさつ 診療内容 当院の特徴 治療の方針 初診の方へ 精神科デイケア 漢方薬
千葉市の心療内科・精神科 椿森クリニック 診療内容


診療内容


様々な病気と症状を考えましょう。
これらの症状がある方は、いつでもお気軽にご相談ください。一緒に考え、サポートさせていただきます。

各症状の治療法と、生活上の注意については、当クリニックのPCホームページをご覧ください。

不眠症(睡眠障害)

不眠(寝つきが悪い、寝ている途中で眼がさめてしまってもう一度眠れない、朝早く起きてしまう、熟睡できない)、日中に過剰に眠くなってしまう、睡眠前や睡眠中に寝ぼけた状態や寝言、大きな声を出す、脚がピクピク動く。
こういった不眠(睡眠障害)が原因で、日中のイライラ感、疲れやすさ、集中困難、頭痛、胃腸の調子が悪い等の身体的な影響がある。


うつ病

憂うつ、気分が重い、疲れているのに眠れない、夜中や朝早く目が覚めてしまう、1日中だるかったり眠かったりする、食欲がなくなる、これまで楽しかった趣味が面白くない、何事にも気力がでない、何にも興味がわかない、イライラする、自分には価値がないと感じてしまう、集中力や思考力が落ちていると感じる、絶望感を感じたり死にたくなる。

双極性障害

上記のうつ病の症状がありながら、時々調子がよくなって活発になる時期がある。ハイテンションで活動的な時期と抑うつ感が強く無気力になる時期を繰り返す。
うつ病の症状に加え、睡眠時間が減っても平気、寝なくても活動できる、周囲に話続ける、いろんなアイデアが次々に出てくる。
知人に電話をかけまくる、高額な商品を複数購入したり、ギャンブルにお金をかけてしまうことがある。

適応障害

うつ病と同様の抑うつ気分や不安、イライラ感や緊張といった症状がみられることが多いが、ある種のストレス要因(職場環境や人間関係等)との関係で、そのストレス要因から離れた場合には体調は改善する一方、またそのストレス要因に近づくとまた体調が悪化してしまう。

パニック障害

ある時突然、胸の動悸や呼吸の苦しさ、窒息感、汗が出たり、吐き気、めまい、手足の震え等の症状(発作)がでたりする。
この発作の時は、死んでしまうのではないかと思うほど症状が辛く自分ではコントロールできない感じがある。
また発作が再発したらどうしようと不安になり、その時と同様の状態(例えば、電車や車の中)を避けようとする。

強迫性障害

家から外に出かけるとき、「ドアに鍵をかけただろうか?」、「ガスの火を消しただろうか」と心配になって家に帰って何回も確認してしまう。
その不安やこだわりが度を越して、何回も確認に帰っても安心できない。
手が汚いと考えて何回も手を洗ってしまう、誰かに危害を加えてしまったのではないかと不安になる、物事を自分で決めた手順でやらないと不安になってしまう、数字に縁起をかつぐのが度を越してしまう。

社会不安障害

パニック障害のように時々激しい症状がでるというのではなく、いつも様々な不安や心配があり、それが普通に考えるより過剰なものとなるととともに、自分で制御できない状況で毎日の生活に支障を来してしまう。
不安の原因は家族の仕事のこと、人間関係や健康のこと等、様々で特定されない。将来の不安もある。
そのことで苦痛を感じ、夜眠れない、イライラしたり落ち込んだりしてしまう。

身体表現性障害

身体の複数の不定愁訴、例えば頭痛や背中、腰、手足の痛みといった疼痛の症状、吐気、嘔吐や下痢といった胃腸症状、月経不順や月経過多等の性機能症状、四肢の脱力や平衡感覚がなくなる、声がでない、けいれん等の神経学的な症状がある。

しかし、内科や神経内科等の医療機関に受診しても異常がないと言われる。医療機関で問題ないと言われても病気が進行していると思ってしまう。
自分で症状のコントロールができない。

自律神経失調症

いつも疲れている、身体がだるさ、めまいや吐き気、耳鳴り、めまいがする、頭が痛い、動悸、身体のほてり、夜眠れない、便秘や下痢、微熱がある、手足のしびれ、口や喉が渇いたり、不快な感じがある、おしっこが近い、残尿が残るといった身体面の症状がある。

またイライラ、気持ちの落ち込み、不安感、周囲からの疎外感、やる気が出ない、ゆううつになる、感情の起伏が激しく泣いたりしてしまう等の精神面の症状がある。

これらの症状があるが、医療機関を受診しても特に異常が認められなかたり、「自律神経が疲れています、乱れています。」といった話をされる。

心身症

身体が疲れ易くてだるい、動悸、胸が痛い、脈が乱れたり血圧が高くなったりする、汗が多くでる、食欲がなくなる、吐気や胃の不快感・痛みがある、便秘や下痢になりやすい、肩こりや首筋のこり、手足がだるさ、頭痛がある、めまいがする、目が疲れる等の症状がある。

内科や外科、整形外科、耳鼻咽喉に受診しても身体的に問題ないと言われる。


ページTOPへ

当院に電話する

当院のPCサイトへ

友達に教える

リンク集


トップページにもどる

椿森クリニック 診療内容

Copyright(C)椿森クリニック all rights reserved.
WCL